日本観光で食を楽しむ

外国人観光客の和食体験

外国人観光客に和食体験が人気

外国人観光客に和食体験が人気となっています。日本を訪れる外国人は年々増え続けていて、いろいろな場所に出かけたり、日本の文化に触れたりして楽しんでいます。特に日本人の生活そのものに興味を持っている人は多く、観光スポットを訪れるだけではなく、その土地で行われるお祭りに参加してみたり、温泉に入ったり、筆を使って字を書いたりする人が多くなっています。お寿司や天ぷら、懐石料理などの和食を箸を使って食べるのも、外国人にとっては新鮮な体験です。また、日本料理を自分で作ったり、盛り付けたりする料理教室も、日本文化をより深く学ぶことができるため、参加する人が増えています。

体験のできる旅をしませんか

毎日の忙しさから解放されて思いっきり自由を楽しむ旅。観光も心が癒されますが体験を旅のメニューに組み入れて、さらに楽しいものにしませんか。体験できるものとしていくつか紹介してみます。伝統工芸では冬季づくりや織物、和菓子作りや扇子作り、吹きガラスなどがあります。アウトドアなものとしてはサイクリング、カヤック、シュノーケル、底引き網、クジラウオッチング、ドルフィンスイム、クルーズなど。それからは果物狩り、着物を着ての街歩き、甲冑を着用してお城内を歩く、などもあります。どれもこれも大変よき思い出になる事でしょう。旅に出て、観光もして、いろんなことにチャレンジしてみませんか。

↑PAGE TOP

Copyright © 外国人観光客の和食体験 All rights reserved